2006年05月16日

プレイステーション3

ネット上でもすでに話題になってますが、
中でも税込み6万円弱という価格設定に対して、

たっけぇよ!

という批判というか悲鳴というか、そういう声が多いように感じます。
私も最初は「たっけぇよ!景気回復に置いてかれてる俺には買えねぇよ絶対!」
と思ったんですけど、





http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0510/kaigai269.htm
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060511/ps3.htm
この辺とか読むと

 こっこれはもしかして
往年のX68000、FMTOWNS、MSX、アミーガといったホビーPCの再来なのか〜っ?と
ちょっと期待してしまったり。
 (実は私の初PCはX68000PROなんですよ。ホントお世話になりました)

 そうはいっても、安価に自作PCが作れて、
高性能なゲーム専用機の選択肢がいくつもある今の時代に、
独自規格のホビーPCというものに、
どれほどの需要があるかは未知数つうかかなり微妙ですけど・・・。

 今回は本体のみで周辺機器の発表はありませんでしたが、
これからモニタとかキーボードとかマウスといった
いかにもPC的なものが発表されてくるのでしょう。
OSはLinuxベースだそうですが、
アプリがどうなるかも気になるところです。



 まあ今後の楽しみという事で、以下私の願望。

PS3完全セット
本体(60GHDD+コントローラ)
専用モニタ、もしくは既存のPCモニタに接続するためのアナログRGB、DVI-Dアダプタケーブル
専用ワイヤレスキーボード(マウスは要らない、コントローラで代用)
ペンタブレット(絵とか描きたいじゃないですか)

 添付ソフトはネットブラウザー、メール、は基本として、
グーグルスケッチGIMPあたりを乗っけてくれたらいいなあ。

 それと簡単なプログラミング(PS-BASICとか?)。
ツクールシリーズみたいに自前のADVやRPGを作って
ネット上で公開できたら面白いかも。

 後は・・・ぱらぱらアニメ、作曲、3D粘土といった
ゆる〜い感じのツール系ソフトを充実させてもらえるとなおステキ。
とんがったプロフェッショナル系はWINやMACにはかなわないわけだし。


 で、価格はモニタ別で89800円・・・無理かな。


 まだまだ未公開な部分が多いPS3、
ちょっと気になる機械ではあります。


おわり


ps3.JPG


posted by 山桃浩司 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | それ以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック